代名詞【人称代名詞】をイメージとイラストで楽に覚える!

代名詞とは
代名詞とは、名詞の代わりをする単語のこと。

  • 同じ名詞を何度も繰り返すことを避ける
  • 具体的な名詞が見つからない場合の代わり

に使われる。

英語の文では、一度登場した名詞は高確率で代名詞に置き換えられる。

つまり代名詞は前の名詞や状況、物事を『受ける』単語。

イメージだけで言えば、aとtheの使い分けで出てきた

「aではじまってtheで広げる」

のと似た感覚。

人称代名詞はaではじまってtheで広げるのと似た感覚

Yuki is one of my classmates. She is cute.
ユキは私のクラスメイトの一人です。彼女はかわいいです。

こんな感じで名詞はどんどん代名詞に置き換えられていくので、各代名詞がどんな意味を持っているのか、また文脈からどの名詞の代わりをしているのかを見極めることはとても重要。

人称代名詞とは

人称代名詞とは
人称代名詞とは、基本的に人の代わりに使われる代名詞のこと。

人称代名詞は、

  • 人称(誰を指しているか)
  • 性別

によって区別される。

また、代名詞が文の中でどんな働きをしているか(主語なのか、目的語なのかなど)によって形が変わる。

わたし あなた
主格 I(私は) you(あなたは)
所有格 my(私の) your(あなたの)
目的格 me(私を、私に) you(あなたを、あなたに)
所有代名詞 mine(私のもの) yours(あなたのもの)
-self形 myself(私自身) yourself(あなた自身)
わたしたち あなたたち
主格 we(私たちは) you(あなたたちは)
所有格 our(私たちの) your(あなたたちの)
目的格 us(私たちに、私たちを) you(あなたたちに、あなたたちを)
所有代名詞 ours(私たちのもの) yours(あなたたちのもの)
-self形 ourselves(私たち自身) yourselves(あなたたち自身)
彼女 それ
主格 he(彼は) she(彼女は) it(それは)
所有格 his(彼の) her(彼女の) its(それの)
目的格 him(彼に、彼を) her(彼女に、彼女を) it(それを)
所有代名詞 his(彼のもの) hers(彼女のもの)
-self形 himself(彼自身) herself(彼女自身) itself(それ自体)
彼ら、彼女ら、それら
主格 they(彼らは、彼女らは、それらは)
所有格 their(彼らの、彼女らの、それらの)
目的格 them(彼らを、彼女らを、それらを)(~に)
所有代名詞 theirs(彼らのもの、彼女らのもの)
-self形 themselves(彼ら自身)

人称代名詞の覚え方

人称代名詞を覚える時は、はじめにリズムで覚えてしまって、後は使っていくうちに自然に身に着けるのが楽!

何も考えず何度も口に出して最初に覚えてしまうのが良い!

人称代名詞『わたし』の変化

I my me mine myself

I my me mine myself
あい まい みー まいん まいせるふ
私は 私の 私に
私を
私のモノ 私自身

人称代名詞『あなた』の変化

you your you yours yourself

you your you yours yourself
ゆー ゆあー ゆー ゆあーず ゆあせるふ
あなたは あなたの あなたを
あなたに
あなたのモノ あなた自身

人称代名詞『わたしたち』の変化

we our us ours ourselves

we our us ours ourselves
うぃー あわー あす あわーず あわせるぶす
私たちは 私たちの 私たちを
私たちに
私たちのモノ 私たち自身

人称代名詞『あなたたちの』の変化

you your you yours yourselves

you your you yours yourselves
ゆー ゆあー ゆー ゆあーず ゆあせるぶす
あなたたちは あなたたちの あなたたちを
あなたたちに
あなたたちのモノ あなたたち自身

※単数の『あなた』と複数の『あなたたち』は-self型以外同じなので、文脈から『あなた』なのか『あなたたち』なのか見極める必要あり!

人称代名詞『彼』の変化

he his him his himself

he his him his himself
ひー ひず ひむ ひず ひむせるふ
彼は 彼の 彼を
彼に
彼のモノ 彼自身

人称代名詞『彼女』の変化

she her her hers herself

she her her hers herself
しー はー はー はーず はーせるふ
彼女は 彼女の 彼女を
彼女に
彼女のモノ 彼女自身

人称代名詞『それ』の変化

it its it itself

it its it itself
いっと いっつ いっと いっせるふ
それは それの それを それ自体

※『it』には所有格(~のもの)は存在しない。

人称代名詞『彼ら(彼女ら、それら)』の変化

they their them theirs themselves

they their them theirs themselves
ぜい ぜあ ぜむ ぜあーず ぜむせるぶす
彼らは 彼らの 彼らを
彼らに
彼らのモノ 彼ら自身

主格(~は)

人称代名詞『主格』

主格は、文の主語として代名詞が使われる時の形。

I 私は
you あなたは
we 私たちは
you あなたたちは
he 彼は
she 彼女は
it それは
they 彼らは
彼女らは
それらは


「○○は~」
と訳されるパターンが多い。

I am a student.
わたしは学生です。

所有格(~の)

人称代名詞『所有格』

所有格は名前の通り「~の」という所有をあらわす。

my 私の
your あなたの
our 私たちの
your あなたたちの
his 彼の
her 彼女の
its それの
their 彼らの
彼女らの
それらの

名詞に対して「○○の~」と限定する単語なので、名詞の直前におかれる。

It’s my book.
それはわたしの本です。

目的格(~に、~を)

人称代名詞『目的格』

目的格は、文の中で動詞や前置詞の『目的語』として使われる形。

me 私を
私に
you あなたを
あなたに
us 私たちに
私たちを
you あなたたちに
あなたたちを
him 彼に
彼を
her 彼女に
彼女を
it それに
それを
them 彼ら(彼女ら)に
彼ら(彼女ら)を
それに
それを

イメージは、『指をさす』感じ。

Yuki calls him at night.
ユキは夜、彼に電話をします。

基本は目的語として使われるが、場合によっては主格の代わりになることもある。

Me too.

とにかく会話の中で対象に対して指をさすイメージ。

所有代名詞(~のもの)

人称代名詞『所有代名詞』

所有代名詞は、所有代名詞だけで『~のもの』をあらわす。

mine 私のモノ
yours あなたのモノ
ours 私たちのモノ
yours あなたたちのモノ
his 彼のモノ
hers 彼女のモノ
theirs 彼らのモノ
彼女らのモノ

所有格

It’s my book.
それはわたしの本です。

と名詞に対して「○○の」と言っていたのに対して、所有代名詞

It’s mine.
それはわたしのものです。

と、名詞を使わずに『○○のもの』とあらわすことができる。

使いどころとしては、同じ名詞を何度も指す場合。

This book is my book.
その本はわたしの本です。This book is mine.
その本はわたしのものです。

-self形(再帰代名詞)(~自身)

人称代名詞『-self形』

単数形の時は『-self』-self形は、『○○自身』をあらわす。

myself 私自身
yourself あなた自身
ourselves 私たち自身
yourselves あなたたち自身
himself 彼自身
herself 彼女自身
itself それ自体
themselves 彼ら自身
彼女ら自身
それら自体
  • 複数形の時は『-selves』
Please introduce yourself.
自己(あなた自身の)紹介をしてください。

『○○自身』をあらわすことから強調表現としても使われる。

You should do it yourself.
それは自分でやるべき。
(あなたはそれをあなた自身でやらなければならない)

代名詞『it』

代名詞『it』
人称代名詞の『it』は何でもかんでも受け止めてくれる便利な代名詞。

What is that?(あれは何?)
It’s a signboard.(看板だよ)
How was the book?(その本、どうだった?)
It was interesting.(面白かったよ)

こういった基本的な形はもちろんのこと、

It’s fine today.(今日は晴れたね)【天候】

What day is it today?(今日は何曜日)【曜日・日付】

What time is it?(今何時?)【時刻】

It’s about two kilometers to the station from here.(ここから駅までは2キロほどあります)【距離】

It’s dark here.(ここは暗い)【状況】

How’s it going?(調子はどう?)【状態】

といった、『具体的な名詞がない時』や漠然とした

  • 状況
  • 事情
  • 状態

をあらわす時にも『it』が使われる。

基本的に、周りの状況を『受けとめている』と考えると『it』の使いどころがわかりやすくなる。

もちろん『それ』という言葉自体が『受け止めている』ので『それ』という訳も間違いではない。

ただ、訳した時に『それ』と訳せない時もあるので注意。

タイトルとURLをコピーしました